女性の薄毛の悩みに!治るのか治らないのか?

最近では女性の薄毛の悩みがとても増えてきています。育毛剤や育毛グッズもたくさん出てきていて、薄毛が治るのか、治らないのかという議論もたくさん。女性の場合、男性とは違う原因で薄毛に悩むことがあります。ここでは女性の薄毛の対処法やその原因について紹介しています。

女性の薄毛の原因と対処法

薄毛というと「男性のもの」という印象が強かったのですが、最近では女性でも薄毛に悩む人が増えてきています。
女性の薄毛は男性とは違った原因があり、おのずと対処方法も異なってきます。
女性の薄毛を解消するには、女性特有の薄毛の原因をしり、しっかりとした対処法で臨むようにするのがその第一歩となります。

AGAとFGA。女性と男性の薄毛の違い

男性型脱毛症(AGA)は、遺伝によって引き起こされるということが分かってきています。
一方で、女性型脱毛症(FGA)は、ホルモンの影響という点では男性型と同じ性質のものですが、遺伝的な要因よりも、生活の中でのホルモンバランスの変化が大きな要因としてあげられています。

薄毛の症状は、誰しも年齢を重ねば起こりうるものですが、以前では「加齢」によるものだけと思われてきましたが、近年若年層の女性の中にも薄毛の症状が見られ、深刻な悩みになってきています。

女性の薄毛の原因はホルモンバランス?

ホルモンバランスの乱れが大きな原因になるのですが、その具体的な要因は何なのでしょうか。

  • 生活習慣の乱れ
  • バランスの悪い食生活
  • 女性の社会進出にともなうストレスの増加
  • 食事制限を中心とした過剰なダイエット
  • 妊娠・出産をへたホルモンバランスの変化
  • 貧血などによるもの

こういったことが、主なホルモンバランスの乱れとしてあげられます。

そのほかにも、髪の毛のファッション性に起因するもの(ヘアカラー・パーマ・ドライヤーなど)や、間違ったヘアケア(シャンプーのしすぎなど)によっても、髪の毛や頭皮が痛んだり、ホルモンが乱れたりして、薄毛を引き起こしています。

女性用の育毛剤(医薬部外品)


最近では、女性専用の育毛剤もたくさん販売されるようになりました。男女兼用のものも多いのですが、女性特有の原因に対処する「女性用育毛剤」の使用がおすすめです。
なかでも、圧倒的に人気が高いアイテムがマイナチュレです。ホルモンバランスを正常に戻すことを主眼として開発されていて、女性にうれしい無添加なので、髪や頭皮にダメージになる成分が入っていないのが安心です。

>>マイナチュレの詳細はこちらから

女性用の育毛薬(医薬品)


男性用の育毛薬には、代業的なものに「プロペシア」がありますが、これは女性には禁忌。絶対に使ってはいけません。かわって女性が使える医薬品の育毛薬では、「パントガール」というものがります。
パントガールは、女性のびまん性脱毛症治療に有効な内服薬として、世界各国で効果と安全性が認められているものです。しかし、日本では未認可の医薬品なので、購入の際には「自己責任」で申し込まなければなりません。

>>パントガ-ルの詳細はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*