女性用育毛剤の比較の仕方。おすすめの育毛剤の選び方

最近女性用の育毛剤が種類も増えて広く利用されるようになりました。男性とは違った原因で薄毛になってしまう女性ならではのプロセスがあって、従来のような男性の育毛剤では効果がない場合も。女性用の育毛剤を比較し選ぶためのヒントを紹介します。

女性用育毛剤とは

薄毛と言えば男性のものと決めつけていませんか。
最近では女性でも薄毛に悩む人が多くなっていて、女性用の育毛剤もたくさん販売されるようになりました。
もちろん、女性と男性では薄毛なる原因も対処方法も違ってきます。
女性の薄毛・抜け毛には、 「女性用育毛剤」を使うことをお勧めします。

医薬品・医薬部外品の違い

育毛剤にも種類があり、医薬品・医薬部外品といった分類があります。
これらは薬事法によって分類されていますが、医薬品だから効果があって、医薬部外品だから効果がないというわけではなくそれぞれにメリットデメリットが存在します。

医薬品の育毛剤

医薬品の育毛剤は、厚生労働省が認可した「薬」として販売されているものです。
基本的には、クリニックなどで治療を受け、医師の処方箋が必要なものとなります。
医薬品は、国が効果があると認可をしたものなので、その有効性には安心できるのですが、その分効能が高く、副作用の危険性も存在します。
使用する際には、必ず医師の判断を仰ぎ利用するようにしてください。

医薬品の海外個人輸入

現在日本では、女性用の医薬品の育毛薬はあまり出回っておらず、個人で購入するためには海外から輸入する方法が一般的です。
しかしこの場合には、副作用等があった場合にも何も保障されず、自己責任で使用しなければならないということがあります。
ただし、アメリカなどの海外諸国では国の認可を受けているものも少なくなく、安全性は保障されているものなので、育毛に関する知識を持ち、自己判断で使用する人も増えています。

医薬部外品の育毛剤

医薬部外品は、厚生労働省で「人体に対する作用が緩和なもの」と定められています。
効果効能が穏やかなので、長期間利用することが前提になります。
育毛剤として販売されているもののほとんどはこの部類に該当します。
薬ではないが、天然成分などを使い髪の毛に良いとされる成分を配合しているのも特徴です。

医薬部外品のメリット

医薬品は、厚生労働省の認可に長い期間が必要なこと、販売する時には、薬剤師の説明が受けられる環境でなければならないなど、様々な規制があります。
例えば新しく開発された育毛成分なども医薬部外品では比較的簡単に発売できる、通販でも販売できるなどのメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*