女性用発毛剤。育毛剤との違いと男性用との違いは?

女性の薄毛は男性とは違う原因があります。ですから、発毛にも違ったアプローチが必要。男性用の発毛剤の中には女性が使ってはいけないものもあります。
女性の薄毛の原因を知って正しく発毛剤を使うために、発毛剤の種類や使い方などを紹介します。

女性用「発毛剤」とは

発毛剤というのは、育毛剤とはちょっと違います。一般的には、育毛剤も発毛剤も同じ扱いで考えられていますが、ここではそれぞれに分けて紹介していきます。

発毛剤は医薬品である

いわゆる発毛剤と育毛剤の区分けは、医薬品であるかないかというところがポイントになります。医薬品のものは発毛剤、それ以外の医薬部外品、化粧品扱いのものは、育毛剤という表記で販売しています。

一般的には同じように思われがちですが、少し内容が違っているので、解説していきます。

医薬品の発毛剤は他の成分が入っていない

医薬品というのは、日本でいえば厚生労働省が認可した「薬」です。医薬品の認可には長い年月と多くの症例が必要だということと、医薬品以外の成分を混ぜることが出来ないなど、さまざまな制約があります。

ですから、医薬品であれば効果があって、医薬部外品だと効果がないということは当てはまりません。
育毛・発毛に良いさまざまな成分がありますが、育毛剤の方はこれらがバランスよく配合されているのが特徴。また、美容成分なども入れることが出来ますので、特に女性にはうれしい商品になります。

これらを踏まえて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

女性用の発毛剤「パントガール」

女性用の発毛剤で世界的に有名なのが、「パントガール」です。アミノ酸、タンパク質、ビタミンBなどが含まれている医薬品。女性に多い「びまん性脱毛症」にも効果があります。また、紫外線でのダメージや細く抜けやすくなった髪、白髪予防にも有効です。

プロペシアは使ってはならない

男性の発毛剤として有名な「プロペシア」ですが、女性は使ってはいけないどころか、触れてもいけない扱いとなっています。これは男性の薄毛の原因であるAGAを改善する薬で、基本的に女性は男性ホルモンとは違うメカニズムで薄毛になってきますので、効果も期待できません。

ミノキシジルは男女ともに有効である

もう一つの有名な医薬品発毛剤である「ミノキシジル」は、日本皮膚科学会のガイドラインでも推奨度A。女性にも有効であるとされています。ミノキシジルは頭皮の血行を良くして、発毛を促すための発毛剤です。日本では、大正製薬から「リアップ」シリーズが発売されていて、リアップリジェンヌという商品名で広まっています。

女性用の育毛剤。発毛剤との違いは?

女性用の育毛剤は、医薬部外品や化粧品として販売されています。今までは発毛剤と言えば男性用のものが大方のですが、近年女性でも薄毛に悩む方が増えてきて、それに伴い女性用の育毛剤も様々な種類が販売されるようになってきました。

男性用は薄毛の原因である男性ホルモンを抑制する成分と頭皮の状態を良くするための成分が配合されていますが、女性用の育毛剤にはさらに美容成分や、髪の毛のダメージを修復する成分などが多く配合されています。男女兼用のものもありますが、できれば女性用の育毛剤を使った方がいいでしょう。

女性用育毛剤を選ぶ一番のポイントは、頭皮の状態を良くしてくれるのかどうかです。発毛は髪の毛よりも頭皮のことを考えてください。頭皮の状態が悪いと、発毛サイクルもうまくいかず、ターンオーバーも損なわれます。特に女性の場合には、頭皮を改善することで、本来の力が戻ってきて発毛に効果が出てきます。

次にポイントを上げるとすれば、女性ホルモンバランスを整える成分が入っているか、そして肌の美容成分が入っているかということになります。

女性ホルモンと薄毛の関係

女性の薄毛の原因の大きなものが、女性ホルモンバランスの崩れによるものがあげられます。
特に顕著なのが、産後の抜け毛です。出産前後では、ホルモンが大きく変化しますので、いろいろなところに影響が出てくるのですが、中でも抜け毛が代表的。これはホルモンのバランスが整ってくると治まってきます。

これと同じように更年期を迎えた人もホルモンバランスが変わります。びまん性脱毛症などもこのころから目立ってきます。

ヘアケアと薄毛の関係

もう一つ薄毛になってしまう大きな原因が、ヘアケアによるダメージです。毎日のドライヤーはもちろんですが、カラーリング、パーマなどを若いうちから繰り返してきた人は、ダメージが蓄積されています。髪の毛が生える土台になる頭皮へのダメージも大きく、正常なターンオーバーができていなかったりします。

こういった人は、頭皮のケアがとても大切です。発毛剤育毛剤ももちろんですが、通常使っている洗浄力の強いシャンプーなどは控えて、発毛・育毛シャンプーを使うようにした方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*