びまん性脱毛症の治療に効果のあるおすすめ育毛剤と育毛シャンプー

女性の薄毛の症状で多いのが、「びまん性脱毛症」というものです。これは、頭皮と髪の毛の「老化現象」で、加齢とともに現れてきます。ただし、最近では若年層であってもびまん性脱毛症と同じような症状が出るケースがあり、早めの対処が求められています。

知らないうちにすすむびまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、髪の毛全体が薄くなり、分け目の部分などが透けて見える症状のことです。髪のボリュームが減った、ヘアスタイルが決まらなくなってきた、という人は、びまん性脱毛症である可能性があります。
髪の毛は通常ひとつの毛穴から3本くらい生えているものですが、それが1本になったり、髪の毛自体がやせ細ったりします。時間を掛けて薄くなっていくという点と、男性の局所的に薄くなる症状と違い全体的に薄くなる分進行が分かりずらく、知らないうちに薄毛が進んでいる場合があります。

びまん性脱毛症とホルモンの関係

女性の薄毛は女性ホルモンとの関連が深いものですが、びまん性脱毛症もその例外ではありません。女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、ホルモンバランスが乱れ、ヘアサイクルに影響が出てきます。髪の毛が強く太くなる「成長期」の期間が短くなり、次の髪の毛が生えるまでの「休止期」が長くなります。エストロゲンは、更年期になると急激に減少するホルモンで、大豆に含まれている「イソフラボン」がエストロゲンと似た働きをするということで注目を集めています。

びまん性脱毛症の抜け毛の形状

びまん性脱毛症の場合、髪の毛が成長仕切る前に抜けてしまうことが多くあります。毛根が細く、ひょろっとしている、抜け毛が細いままになっている、毛球がついていないといったケースが一般的で、このような抜け毛が多い場合には、びまん性脱毛症である可能性が高くなります。

びまん性脱毛症におすすめの女性用育毛剤


最近では、女性専用の育毛剤もたくさん販売されるようになりました。なかでも大きな悩みなのが「びまん性脱毛症」。マイナチュレは女性の薄毛に実績のある育毛剤です。
>>マイナチュレの詳細はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*