プロテインで育毛・発毛。抜け毛を防ぐ薄毛対策

髪の毛の成長に必要なのはタンパク質です。プロテインはタンパク質そのものですから、それを飲めば髪の毛にも効果があるはず。
ここではプロテインで育毛・発毛ができるのか、抜け毛は防げるのかについて紹介します。

プロテインにはどんな栄養素が含まれてるのか?

プロテインはそのまま直訳すると「タンパク質」になります。ですからもちろんタンパク質を主成分としているのは間違いないのですが、その他にもビタミン類やミネラルが多く含まれています。
プロテインにも種類があって、タンパク質のタイプによっても違いがあります。髪の毛にいいのはなかでも大豆たんぱくを豊富に含んだ「ソイプロテイン」と言われるもの。プロテインはもともと筋肉をつけるために様々な配合をしているものなので、筋肉のつきやすい「ホエイプロテイン」が有名ですが、選ぶときにはソイプロテインを選ぶようにしましょう。

髪の毛はケラチンタンパク質でできている

髪の毛は「ケラチン」というたんぱく質の一種で作られています。ですからタンパク質が不足すれば、髪の成長に影響が出てきます。さらに体は生命維持に必要なところから栄養素を回すようになっているので、髪の毛は最後の方。タンパク質の不足は案外深刻な問題なのです。

また、ソイプロテインは大豆由来であって、大豆イソフラボンが含まれています。これは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするといわれていて、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。他のプロテインと違って脂肪にもなりにくい性質なので、中年男性のお腹が気になっている人でも大丈夫です。

プロテインだけでは発毛しない?

ここまでプロテインが有効であるといってきましたが、薄毛の原因には様々あって、プロテインだけが特効薬というわけではありません。基本的に男性の薄毛の原因は遺伝からくる男性ホルモンの影響によるもの。ですから、いくら髪の毛に栄養を送ったとしても、ホルモンの方を何とかしなければいけないということなのです。

関連記事:薄毛の原因は男性ホルモン!改善対策を紹介します!

ですから、薄毛の原因である5αリダクターゼをブロックしながら、足りない栄養補給としてタンパク質であるプロテインや、亜鉛などを補給するというのが大切になります。

AGAの場合はその対策を。頭皮の環境が悪い場合は頭皮を正常化するように。そして髪にいい栄養を食事と栄養補助食品で補うというのが育毛の基本です。

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

プロテインを飲むタイミング

プロテインを飲むのは、通常は筋肉を使った後。でもこれは筋トレしている人の考え方ですよね。育毛にいいのはいつなのでしょうか。

育毛にプロテインなら寝る前に飲む!

髪の毛の成長ホルモンが分泌されるのは寝ているときだということはご存知ですよね。日中に紫外線などで受けたダメージを修復させるのもこの時です。そこでプロテインを飲んでおくことで回復が効率的になるのです。
寝る前の1時間くらいの間に飲んでおくといいのですが、プロテインの摂り過ぎもよくありません。胃が消化にエネルギーを使いすぎてしまうからです。また、プロテインの飲み過ぎはカロリーオーバーの危険性もありますから注意しましょう。

プロテインの副作用はあるの?

プロテイン自体は医薬品でもありませんし、副作用と呼べるようなことはありません。しかし、プロテインは通所う牛乳のタンパク質、または大豆のタンパク質を主成分としてできています。プロテインの副作用というわけではありませんが、もし牛乳や大豆にアレルギーがある人は、控えるようにしましょう。
また、特にホエイプロテインなどの牛乳タンパクのものを飲み過ぎると、お腹を壊してしまうという人もいます。

プロテインの摂り過ぎは注意!

プロテイン、タンパク質を摂り過ぎて病気になるとか副作用が出るという心配はないものの、摂り過ぎには注意が必要です。カロリーオーバーだったり、胃腸への負担がかかったりするからです。
プロテイン自体は1日にこれだけしか飲んではいけないというものではないので、さほど気にする必要はありませんが、摂り過ぎには注意をし、急に過剰に摂ったりしないようにしましょう。

水道橋博士が育毛に成功した秘密はプロテイン?

プロテインが発毛によいのか・・・

水道橋博士が、発毛に成功したことは、有名な話です。一時期は、「カツラ」疑惑まで登場した水道橋博士ですが、数年前から始めた”あるもの”で、確実に髪の毛が増えてきたといっています。

その”あるもの”こそ、「プロテイン」といっても、プロテインそのものではなくて、プロテイン入りのシャンプーでした。

プロピアの開発したプログノシャンプー

発毛専門サロンの「プロピア」が開発した「プログノシャンプー」をずっと使い続けていた結果、髪の毛が生えてきたということなのです。プログノシャンプーは、育毛シャンプーのなかではめずらしく「プロテイン」を配合しています。プロテインとは、タンパク質のことで、髪の毛自体がタンパク質でできていますし、もちろん身体の成分として欠かせないものです。これを補ってあげることで、ダメージを受けた上井の修復はもとより、発毛を促す効果が期待できるということなのです。

では、なぜプロテインが入っているシャンプーが少ないかというと、プロテインを入れようとすると、とても臭くなてしまい、シャンプーに配合するためにはその匂いの問題をクリアしなければならなかったんだそうです。プロテインで髪を補修し、髪と同じ成分なので、髪にも肌にも優しく洗うということです。博士はこのシャンプーをすでに8年間愛用しているんですって。

いまでは、昔の薄毛を全く感じさせない水道橋博士。その育毛の秘密がプロテインだとすれば、、、一度使ってみたいアイテムですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*