薄毛の髪型【TOP3】ハゲが目立たないかっこいいヘアスタイル

薄毛の人に似合う髪形をチョイスしてみました。髪の毛が薄いと、なかなか髪型のおしゃれができないものですよね。しかし、そのまま何もしないでいると、さらに印象が悪くなってしまうのも困ります。自分に似合う髪形をみつけて、個性として認知してもらえるようになりたいものです。

薄毛の人に似合う髪形

薄毛がかっこよく見える髪型を紹介します。薄毛の場合、何とか髪の毛の量を多くしたいから長く伸ばす発想になりがちですが、実はそれは間違い。長い髪の毛は逆に薄さが目立ってしまい、だらしない感じになってしまいます。短い髪型はサッパリとして清潔感もアップしますのでおススメなんです。

スキンヘッド

髪の毛を極端に短くするので、全体的に薄毛が目立たなくなります。AGAでは、頭頂部から薄毛が進行してくるタイプの人はこの髪型がおすすめです。

薄い部分を隠そうとして、薄くない部分を伸ばすとペタッと張り付くような髪形になってしまいますが、これは一番敬遠されるようです。スキンヘッドはちょっとという人は、スポーツ刈りくらいの短髪にするのもいいですね。

ソフトモヒカン

髪の毛のトップの部分に若干のボリュームを持たせて、周りは刈り上げるタイプの髪型です。毛先を遊ばせることができるので、おしゃれも楽しむことができますし、おでこが薄くなっていてもあまり気にならないのがこのスタイルです。

AGAでは、M字型と呼ばれる、前頭部が後退していくようなタイプの人におすすめです。

ショートレイヤー

全体的に短めで、シャギを入れるタイプの髪形です。髪の毛をすいているので、あまり薄毛が目立たなくなりますが、前提として、ある程度髪の毛の量が保たれていなければなりません。まだ薄毛があまり進行していないタイプの人にはおすすめです。

どんな髪型が嫌われるのか

薄毛であっても、堂々としている人のほうが好まれているようです。とくに隠そうとして、薄くない部分を伸ばすと、かえって薄毛が目立つばかりか、長い髪の毛が不自然になり、「清潔感がない」、「男らしくない」と、受け入れてもらえないようです。薄毛は、隠すのではなく、逆に薄げであることを前提として似合う髪形を見つけていくのが良いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*