抜け毛の季節は秋・冬に注意!多い月はいつなのか?

抜け毛と季節には関係があるのでしょうか。育毛というと頭皮のコンディションが大切。汗をかいて頭皮の衛生面でも心配な「夏」に抜け毛を気にする人もたくさんいますが、実は「秋」が要注意なのです。

抜け毛の季節は秋・冬

秋から冬にかけては、抜け毛に注意する季節になります。頭皮が一番ダメージを受けるのが「紫外線」です。であれば、夏が一番抜け毛が増えるのではないかと思いますが、実は、夏にためてきたダメージが実際に現れてくるのが、秋から冬の季節になります。

夏場は、強い紫外線や、クーラーによる頭皮の乾燥、大量の汗と皮脂での頭皮ダメージなど、髪の毛や頭皮にとって悪い環境がたくさんあります。それが、秋の気温の低下に伴って、頭皮の代謝活動が低くなると、健康状態が悪くなってくるというわけなのです。

育毛に頭皮の乾燥は大敵!保湿が重要なのです

頭皮も顔と同じ一枚側の皮膚です。特に女性であれば、お顔の乾燥というのには一番気を使い、冬などはできるだけ保湿ができるような化粧品を選んでいるものです。乾燥肌は、免疫力が弱くなるのでばい菌の進入を受けやすくなり、トラブル肌の元になります。頭皮も同じですので、できるだけ乾燥は防がなければならないのですが、秋になると空気が乾燥してくる割に頭皮に気を使っている人は少ないものなのです。

抜け毛が気になるならトリートメントを上手に使おう

薄毛が気になる人はトリートメントを使わない、といった傾向にあります。トリートメントをすると、頭皮が「ベタッ」とした感じになり、普段皮脂の量が多い人であればあるほどそれに似た感覚なので不快に感じるからです。
でも「トリートメント」を使うと「オイリーになる」というのは間違いです。髪の毛を洗った直後は頭皮に皮脂が全くなくなっている状態。皮脂がなくなると皮膚が刺激を受けやすくなってダメージがあるばかりか、皮膚を守ろうとしてかえって皮脂分泌が活発になります。トリートメントは頭皮に薄い膜を張ってくれますので、ある意味皮脂と同じような効果があり、髪の毛を洗った直後の皮脂がない状態の頭皮を守ってくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*