育毛温泉キャップの効果。お風呂で頭皮にお湯をためる?

以前に「大日本アカン警察」でも紹介されて話題になっている「育毛温泉キャップ」。ネーミングはそのものズバリで、キャップ(帽子)をかぶりながら、入浴をするものです。簡単な仕組みなのですが、実は理論的になっていて、薄毛に効果があるということなんですね。

育毛温泉キャップで頭皮を温める

入用中にお湯の入るキャップをかぶって、頭皮を温めます。しばらくすると、毛穴が開いてきて、毛穴にたまっていた汚れや皮脂が浮き出てきます。使用した後は、垢などが根こそぎ出てくるというので、まさかこれが自分の頭皮に付着していたものなのか、、、と、びっくりしてしまうくらいなのです。

頭皮を清潔に保つこと

頭皮を清潔に保っていくことは、育毛にとって一番といっていいくらい重要なことになります。いくら、育毛剤を使用したとしても、毛穴が詰まっていれば効果が薄くなってしまいます。皮脂が詰まっていれば、脂漏性脱毛(毛穴が皮脂でいっぱいになり、髪の毛が抜けてしまう症状)などの原因になりますし、頭皮の血行を阻害する原因にもなります。

ただし、シャンプーなどで清潔にしようとして、1日に何回も洗髪してしまえば、今度はシャンプーの刺激によって頭皮を傷つけてしまう原因にもなります。ところが、この育毛温泉キャップなら、お湯で温めているだけなのでその心配がありません。もちろん刺激は一切ないので安心です。

育毛温泉キャップの使いかた

育毛温泉キャップは、上の部分に穴が開いていて、そこにお湯を入れられるようになっています。かぶったまま入浴して、しばらくすると温められた頭皮から、汚れが出てくるので、お湯を交換して、さらに温めます。お湯、水と交互に入れると、毛穴の引き締め効果もあってさらに有効です。

  • 毛穴の詰まりを取り除く
  • 頭皮の血行を促進する
  • 頭皮を引き締める
  • 余計な刺激が一切ない

このように、単純なものですが、とても理にかなった育毛法なんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*