シリコン剤の成分表記名 本当にノンシリコンシャンプーですか?

シャンプーやコンディショナーに使われているシリコン剤。シャンプーの時の指通りを良くしたり泡立ちにもいいものです。しかし髪の毛をコーティングしてしまい、髪に水分が浸透しなくなってしまう原因にもなってしまいます。今使っているシャンプーにシリコンが入っているかどうか調べられるよう、ここではシャンプーの成分表示に書いてあるシリコンの表記を紹介しています

代表的なシリコン剤の成分表記名

シリコン剤、コーティング剤が入っていないシャンプーを使おうと思っても、表記名には通常「シリコン」とは書いてありません
しかし、ほとんどのシャンプーやトリートメントにはシリコンが入っています
代表的な表記名にはこのようなものがあります。

  • ジメコチン
  • シクロメチコン
  • シロキサン

まぎらわしいシリコン成分

上記の成分名に加え、それに類する名前もシリコン成分になります。

  • シクロペンタシロキサン
  • シリカ
  • シリル
  • シロキ
  • シラン
  • ジメチコノール
  • ジメチコンポリオール
  • シリル化ケラチン
  • ジメチコノール

他にも「クロスポリマー」や、「ポリマー」と書いてあったらシリコン剤やコーティング剤の可能性が高いです。

 

商品名と表記名

CMなどで有名な代表的なシャンプーにもシリコン剤は含まれています。 主な商品名と表示名は次のようになっています。

花王

・エッセンシャル シャンプー
ジメチコン

・セグレタ コンディショナー
ジメチコン、アモジメチコン

・メリット リンス
ジメチルシロキサン共重合体エマルション
・メリット トリートメント
高重合ジメチコン

・アジエンス
ジメチコン、アモジメチコン

・キュレル
POPジメチコン共重合体

P&G


・パンテーン
ジメチコン

・h&s シャンプー
高重合メチルポリシロキサン

・ハーバルエッセンス
ジメチコン

・ヴィダルサスーン
ジメチコン

資生堂


・TSUBAKI シャンプー
ジメチコン
・TSUBAKI コンディショナー
アミノプロピルジメチコン

・シーブリーズ
アモジメチコン

・マシェリ シャンプー
ジメチコン
・マシェリ コンディショナー
アミノプロピルジメチコン

ユニリーバ


・ダヴ シャンプー
ジメコチノール
・ダヴ コンディショナー
アモジメチコン

・モッズ・ヘア ホットケア シャンプー
ジメチコノール
・モッズ・ヘア ホットケア コンディショナー
ジメチコノール

※商品の種類、バージョンによっては表記名に若干違いがあります。

このように一般的に販売されているシャンプーやコンディショナーには、ほとんどと言っていいくらいシリコン成分が配合されています

シリコンはなんで悪者なのか?

シリコンは髪の毛に悪いといわれます。でもほとんどのシャンプーにはシリコンが含まれています。ではなぜシリコンが使われているのでしょうか。

シリコンは、洗髪時の泡立ちと、髪の毛の指通りを良くするために配合されています。シリコンがなくて他に補完する成分が配合されていない場合、髪の毛はキシみ、シャンプーの泡立ちが悪くなります。これだけだとシリコンはとても重要な成分ということになりますよね。でもシリコンの弊害はもう一つあるのです。

髪の毛をコーティングして水分の吸収を阻害する!

シリコンは、髪の表面に幕を作りコーティングします。そのおかげで髪の毛は見た目ツルツルになるのですが、実はこのことで髪の毛に水分が吸収されにくくなります。見た目はきれいな髪の毛ですが中身はカラカラ。すると髪の毛本来の力強さが失われてくるのです。また、シリコンは流れ落ちにくいので、すすぎをしっかりやったとしても残ってしまいます。これが毛穴つまりにもつながってきます。毛穴が詰まると毛根の状態が悪くなりますので、髪は育ちにくくなってしまうのです。

ノンシリコンシャンプーのすすめ

確かにシリコンにはいい面もあるのですが、髪の毛のことを考えるとノンシリコンシャンプーがおすすめになります。でも一概にノンシリコンと言ってもシリコンの代わりのポリマー剤などを使っていたのであれば、シリコンシャンプーとあまり変わりません。シリコンはとても安価な原材料ですので、多くのシャンプーに使われています。これを他の素材に変えると少しお値段が高くなってしまうというデメリットがありますが、信頼できるノンシリコンシャンプーを選んだ方が、のちのちのヘアケアや薄毛防止のためにはとても重要であるということを知ってください。

育毛シャンプーが一番いい!?

髪の毛のため、頭皮のためには育毛シャンプーがおすすめです。育毛シャンプーでは髪の毛は生えないといわれます。確かにその通り。シャンプーには髪の毛を生やすための成分は入っていません。でも育毛シャンプーは頭皮の状態をよくし、肌に刺激のない成分を使うことで、本来の強い頭皮の状態を作ります。いわば畑の土壌を良くするようなもの。いくら育毛剤を使っていたとしても、その土壌が悪化しているのなら本当の力は発揮されません。その意味でも育毛シャンプーはとても重要なアイテムなのです。

ノンシリコンシャンプーをつかうと最初は髪の毛がきしんだり、泡立ちが満足いかなかったりと、ちょっとした違和感を覚えるかもしれません。しかし、それが髪の毛と頭皮に良い本来のシャンプーだということを感じてください。髪の毛は半月もすると水分が吸収されるようになり、今まで使っていたシャンプーと同じような指通りと泡立ちに変わってきます。そして1ヶ月くらいすると髪の毛につやが戻ってきます。これこそが髪の毛の本来の力。そうなったときには地肌も状態が上がっているということになります。

育毛シャンプーは育毛の始まりです。今髪の毛を気にしている人も、将来的に薄毛が心配で予防していきたいという人にも、育毛シャンプーはぜひ使っていただきたいアイテムです。

女性におすすめの「ノンシリコン」育毛シャンプー

haru黒髪スカルププロシャンプー

女性ホルモンにも配慮した女性にうれしいノンシリコンシャンプーです。

  • 肌に優しく刺激が少ない洗浄成分
  • コンディショナーがなくても髪に潤いを与えられる
  • 天然成分で安心して使える
  • 出産後の抜け毛のケアに

肌荒れやフケ、白髪が気になる場合にもおすすめです。

男性におすすめの「ノンシリコン」育毛シャンプー

CUシャンプー

ノンシリコンですが、泡立ちも指通りも普通のシャンプーと遜色なく使えます。マイルドな洗い上がりで、しっとりとした洗い上がり。髪の潤いを保ってくれます。頭皮のスキンケア効果も期待できるシャンプー。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*