頭皮ケアの方法【男性版】乾燥と保湿への対策は?

頭皮の環境を良くすることは育毛にとても大切なことです。頭皮も肌ですので、乾燥や紫外線に弱く、保湿を十分にすることで肌本来の力を戻すことが出来ます。正しい頭皮ケアを行いましょう。

正しい頭皮ケア

頭皮のケア方法はいろいろありますが、いずれもやりすぎると頭皮を傷つけてしまう原因となり、返って発毛に良くない結果になります。
頭皮に刺激を与えない
髪の毛に摩擦を与えない
余計なものをつけない
やり過ぎない
頭皮はいたわりましょう。

頭皮にいいシャンプー

普段使っているシャンプーは、洗浄力が高く、頭皮に刺激がある場合があります。
顔の肌と同じですが、皮脂を落としすぎると、乾燥肌になりトラブルを招きがち。
本当はある程度の脂分と潤いが必要です。
また、石油系合成界面活性剤、香料、シリコン剤などの成分が含まれていて、これが頭皮に良くない影響を及ぼすことも・・・
発毛・育毛のためには、できるだけ洗浄力の高すぎない、無添加のものがいいですね。
育毛シャンプーなど、アミノ酸系のシャンプーは、頭皮や髪の毛に優しい成分のシャンプーです。

頭皮が硬いと感じたとき

頭皮は血行が悪くなるとだんだんと硬くなってきます。
頭を両手のひらで包むようにして挟み前後に動かしてみてください。まったく動かないようだとかなり硬くなっていますね。
血行が悪いと毛根に栄養が行かなくなるので、髪の毛が太く成長する前に抜け落ちてしまいますし、発毛のサイクルの「休止期」が長くなってしまいます。

また、毛穴が詰まっていても硬くなってしまいます。
そんなときはお風呂などでマッサージをすると効果的です。
すぐに柔らかくなるものではありませんが、ゆっくりと時間をかけてマッサージをし、頭皮を柔らかくしていきましょう。

頭皮のべたつき

頭皮がべたついているときは、皮脂が過剰に分泌されている状態です。
べたつきを放置しておくと脂漏性の脱毛症につながります。
普段はそうでもないのに急にべたついてきたという場合は、頭皮が炎症を起こしている可能性もあるので注意しなければなりません。
また、べたつきと共にフケが増えてくる場合もあります。
こういった場合、皮脂を落とそうとして一日に何度もシャンプーをしたりするのは返って逆効果です。
シャンプーなどで適切なケアをしていきましょう。

頭皮の乾燥

頭皮が乾燥するという場合、次のようなことが考えられます。
シャンプーをしすぎて、皮脂が全部落ちてしまっている
血行が悪く栄養が足りない
乾燥肌による頭皮トラブル(湿疹・ひび割れ)でさらなる乾燥を招いている
頭皮は顔の肌と同じです。肌をキレイに保つには保湿が大事なのと同様、頭皮にも水分が必要です。
常に乾燥していれば肌は荒れやすくなり、湿疹などのトラブルやフケを引き起こしてしまいます。
多くの場合は、常に清潔にしようという思いから、シャンプーをしすぎてしまうことで起こります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*