シャンプーの正しい方法やり方洗い方

普段使っているシャンプーには、かなり強い洗浄力があります。簡単に使ってしまうと頭皮にダメージを残したり、髪の毛にも良くありません。ここでは正しいシャンプーの仕方を解説します。

シャンプーの方法1【ブラッシング】

まずはシャンプーをする前にブラッシングすることをおすすめします。
軽くとかしておくことで、皮脂やフケを浮かせることができますし、シャンプーをしたときの摩擦を少なくし泡立ちを良くすることができます。

ただし、整髪料などを使って固めているようなときは無理に溶かさないようにしてください。
力が入ってしまうと、逆に抜け毛や切れ下の原因となるので気をつけてください。

シャンプーの方法2【お湯で流す】

シャンプーをする前に、しっかりとお湯で流しておきましょう。
髪はぬれているようでも中心まで水分がしみこんでいないことがよくあります。
お湯だけでもある程度の汚れは落とせますので、シャンプー前にぬらすというよりは、お湯でしっかり洗うといった感覚で行ってください。

ここでしっかりと水分を含ませておくことによって、シャンプー時の摩擦も防げますし、シャンプーの刺激から髪の毛を守ることになります。

シャンプーの方法3【泡立てる】

シャンプーは直接髪の毛につけず、必ず手のひらで泡立ててからつけるようにしてください。
原液を直接つけると、頭皮や髪の毛が刺激を受けやすくなります。

また、シャンプーはできるだけ少量をつけるようにして、足りない場合は追加するといったようにしてください。
シリコン剤を含むシャンプーを使っている場合は、シリコンが落ちにくいので、少ないほうが後で落としやすくなります。
しっかりと水分を含んだ髪の毛は、少量でもしっかり泡が立つことと思います。

シャンプーの方法4【優しく洗う】

シャンプー時は、つめを立てて洗うようなことは控えましょう。
髪の毛をこすって汚れを落とすのではなく、泡にかませて汚れを浮き立たせるようなイメージで。
皮脂を取りたいがために、細かいところまでゴシゴシとやりがちですが、逆に頭皮を傷つけてしまうことにもなりかねません。
整髪料が落ちない場合も、無理に引っ張ったりこすったりせずに、優しくも見込むように洗うのがコツです。
髪の毛の摩擦もできるだけ起こらないようにします。

シャンプーの方法5【よくすすぐ】

シリコン剤が入っているシャンプーの場合は、特にこのことに気をつけてください。
シリコン剤は非常に落ちにくい性質を持っています。泡がなくなっても、まだ落ちきっていません。
残ってしまった場合は、髪の毛の根元にこびりついてさらに落ちにくくなります。
毛穴をふさいでしまい、抜け毛の原因にもなりかねません。
できるだけゆっくりと時間をとり、しっかり落とすことを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*