シャンプーの洗浄成分解析 頭皮に危険な界面活性剤は?

シャンプーには洗浄成分はなくてはならないものです。洗浄力が強いもの、肌に優しいものなど、さまざまあってそれぞれに特徴があります。しかし、その成分によっては、髪や頭皮にダメージを与えてしまう場合もあります。
下記にあげる洗浄成分の種類のうち、1種類、もしくは数種類の洗浄成分を組み合わせて製品にしており、この組み合わせが、シャンプーの性質や値段を決めている重要な成分です。

硫酸系洗浄成分

市販されている多くのシャンプーは、「硫酸系」の洗浄成分を使っています。
高級アルコールを原料とした洗浄剤で、「高級アルコール系」シャンプーとも呼ばれています。
高級といっていますが、原材料は安く、ドラッグストアなどで売られている一般的なシャンプーです。
ラウリル硫酸Naが代表成分名です。

メリット

  • 原価が安い
  • 洗浄力が強い

デメリット

  • 肌に刺激が強い

洗浄力がとても強く、髪や頭皮の水分や脂分をすっかり落としてしまいます。
また、刺激も強いのでかゆみやふけの原因になります。

アミノ酸系洗浄成分

アミノ酸系洗浄成分を使ったものには、育毛シャンプーなどがあります。
肌には優しく、髪や頭皮に保湿効果をもたらします。

メリット

  • 髪との相性がいい(髪はアミノ酸で構成されています)
  • 頭皮・髪に保湿効果がある
  • 低刺激

デメリット

  • 洗浄力がやや低い
  • 値段が少々高め

「アミノ酸系」とうたった製品は多くありますが、表示名には「アミノ酸」とは書いてありません。
ココイルグルタミン酸、ラウロイルグルタミン酸などと表示がある場合はアミノ酸系の洗浄成分になります。
ただし、アミノ酸系洗浄剤は、原材料がやや高いため、他の洗浄成分、特に硫酸系の洗浄成分を含んでいるケースもありますので、気をつけてください。

酢酸系洗浄成分

硫酸系洗浄剤と似ていますが、硫酸系と比べて、洗浄力がやや低く、その分刺激性もやや低いという特徴があります。
成分名に、「酢酸~」という記載があるのはこのタイプです。
酢酸系洗浄成分だけだと、汚れが落ちにくいため、他の洗浄成分と交合して配合されていることがあります。

タンパク質系洗浄剤

タンパク質系のものは、シルクシャンプー、コラーゲンシャンプーとなっているものがこのタイプです。
原材料が高く、通常のシャンプーに配合されているケースはほとんどありません。
コラーゲンは、肌との相性もよく、髪のダメージ回復にも役立つ成分です。
トリートメントに近い成分になっているので、洗浄効果はやや落ちます。

ベタイン系洗浄成分

ベタイン系洗浄剤は、糖類などの天然成分から作られています。
適度な洗浄力を持ち、傷んだ髪の毛の修復にも役立ちます。
刺激も少ないので、髪の毛肌には優しいのですが、洗浄力はやや弱いというのが特徴です。
多くのものは、他のタイプの洗浄成分と一緒に配合されています。

グルコシド系洗浄成分

ベタイン系と似ていて、グルコースという糖から作られています。
低刺激で安全性も高く、泡立ちもよい洗浄成分で使い勝手はいいのですが、こちらも洗浄力自体が弱いので、単体ではあまり使われない成分です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*