シャンプーで頭皮が乾燥する!朝は危険です

シャンプーはやり方wお誤ると頭皮のダメージにつながります。特に毎日のことですから気を付けなければなりません。寝ている間に頭皮から分泌された皮脂を落とそうとして朝シャンプーをする人もいると思いますが、ここには危険性が潜んでいるのです。

頭皮の皮脂は「重要」

朝にシャンプーをしている人も多いでしょう。
朝シャワーを浴びてすっきりと仕事に向かいたいという人、頭皮の皮脂が気になるので1日に数回髪の毛を洗うという人。
理由はそれぞれだと思いますが、実は「朝シャン」は、頭皮にあまりよくない結果をもたらします。
頭皮の皮脂は、過剰に分泌していれば毛穴を詰まらせたりして抜け毛の原因になりますが、本来、外部の刺激や紫外線から頭皮を守るために必要なものなのです。

紫外線での頭皮ダメージ

朝シャンプーをすると、皮脂がきれいに取れている状態。
そのまま外出すると、紫外線の攻撃をまともに受けてしまうため、頭皮にダメージを与えてしまいます。
きれいになった頭皮から皮脂が分泌し頭皮を覆うようになるには30分位は必要なので、朝シャンプーをした場合、少なくとも30分は外出しないようにしなければなりません。

朝シャンはすすぎに注意

「朝シャン」は、朝の忙しい時間にシャンプーをするので、「チャカチャカ」と済ませてしまいがち。
シャンプーに入っているシリコンは、よくすすがないと落ちません。
シリコンが残ると、髪の根元にこびりついてしまい、これも頭皮環境の悪化につながります。

時間をたっぷりとろう

朝にシャンプーをしたい場合は、時間をたっぷりとってすすぎを十分に行うか、お湯だけで洗うようにしましょう。
できることなら、朝のシャンプーの習慣をやめて、夜の1回にすることをおすすめします。
頭皮の皮脂は、落としすぎても過剰分泌の元になりますし、汚れは1日1回洗えば十分にきれいになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*