つむじはげの治し方。20代・初期に対策をとるのが効果的な理由とは

頭頂部から薄くなっていく症状、いわゆる「つむじはげ」は日本人に一番多いAGAの症状です。多くは年齢とともに髪の毛全体が薄くなってくるということ、頭頂部は自分でもあまり確認しないという点などから築きにくい部分でもあります。しかし頭頂部のはげの場合にはAGAであるケースがとても多いため、若いうちからの対策が必要になってきます。

つむじはげの原因は?

つむじはげの大きな原因はAGA(男性型脱毛症)です。これはホルモンバランスが原因となっていて、遺伝によって受け継がれています。この場合は、できるだけ早めに対策を取った方が後々の薄毛の進行にとって良い結果が得られます。

AGAが原因の場合

男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが、強力な脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変換されることから起こります。いわゆる若はげと言われるような、20代前半のうちから髪の毛が薄くなってくる症状が出てきている場合には、AGAの可能性がとても高いと言えます。ジヒドロテストステロンをブロックする対策が必要になってくるので、早めのケアを心掛けてください。

ジヒドロテストステロンをブロックする対策としては、AGA専門クリニックに診療に行くこと、内科や皮膚科でプロペシアを処方してもらうことなどが根本的な対策となります。また、育毛剤でもジヒドロテストステロン対策をしているものを選ぶことが肝心です。
プロぺシアは通常医師の処方箋がないと購入できないものですが、海外個人輸入で入手することも可能です。また、プロペシアに似た働きをするということで「ノコギリヤシ」の育毛サプリも多く販売されています。

ノコギリヤシのおすすめサプリ「ボストン」

ノコギリヤシの効果は、1日320㎎を半年服用した事件のデータによって証明されています。ボストンは1日あたり300㎎のノコギリヤシ成分を「エキス」のままソフトカプセルで摂ることが出来るのがポイント。ノコギリヤシ成分を配合しているサプリでも成分量が少ないことがあるので注意が必要です。

生活習慣によるつむじはげ

髪の毛が薄くなる、抜ける原因としては生活習慣も大きくかかわってきます。たとえ根本的な原因がAGAであったとしても、生活習慣の乱れで、薄毛が加速する、症状が早く出るといった危険性もありますので、生活習慣は基本的に気を付けなければいけないポイントです。

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 喫煙
  • 運動不足
  • 過度なアルコール摂取
  • 暴飲暴食
  • 脂物を嗜好する

など、髪の毛の成長を阻害する原因は多々存在しています。一般的にはげの原因としてはこれらが複雑に絡み合っているとされています。

睡眠不足と薄毛の関連

睡眠は体にとってもとても重要なことです。人は寝ているときに成長ホルモンが分泌されます。しっかりとした睡眠がとれていない場合には成長ホルモンの分泌が阻害され、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

ストレスと薄毛の関係

ストレスは字膣神経の乱れを生じさせます。一般的にストレスが原因で薄毛となるのは「円形脱毛症」と言われています。(これも複合的な要素があってストレスだけとは言い切れません)しかし、他の薄毛の症状も直接できてはないにしろ、ストレスが悪い影響を与えていまいます。できるだけストレスは発散し、ためこまないような注意が必要です。

運動不足と薄毛の関係

体を県粉状態に保つためにも適度な運動は必要です。代謝をアップさせて新陳代謝を良くすることや、ホルモンバランス、栄養がしっかりと髪の毛に届くようにといった面でも、体を動かして心身ともに健康な状態にしていくことがベストです。

喫煙やアルコールも薄毛の原因になる

喫煙は血行を悪くするので、頭皮の毛細血管から送られる髪の毛の栄養が十分いきわたらなくなるとされています。また、アルコールも程よく飲むのなら良いのですが、過度な摂取は悪影響があります。

暴飲暴食、脂物の大量摂取

暴飲暴食は髪の毛だけではなく、体全体にストレスを与えてしまいます。髪の毛は、本来生命維持に必要なものではないので、体は疲れの修復や栄養分を大切なところから順番に回すようになっていますから、髪の毛は最後になってしまいます。また、油ものを大量に摂取する、普段から好んで食べているという場合にも注意が必要。脂か毛穴から放出されますが、それが毛根をふさいでしまうということも考えられます。薄毛の原因としては稀ですが、ひどい場合には「脂漏性脱毛」といって、脂分のせいで髪の毛が抜け落ちてしまう症状もあります。

シャンプーによる頭皮へのストレス薄毛との関係

シャンプーは毎日行うものですよね。このシャンプーが頭皮や髪の毛に良くないとしたら・・・とても大変なことになります。毎日行うものであるからこそ正しい知識を身に着けて自分に合ったシャンプーをするようにしてください。

シャンプーの洗浄成分がよくない

シャンプーには、強い洗浄成分が配合されています。これは思っている李もずっと刺激が強いため、頭皮の肌荒れなどを起こしたりします。肌が弱いという人はさらに注意しなければいけません。髪の毛を強くするといっても、髪の毛自体を太くするわけではありません。あくまでも頭皮や毛根のケアが必要になります。頭皮は荒れている状態では本来の力を発揮することが出来ません。できるだけ刺激の少ないシャンプーを使って頭皮を補修していくことが大切になります。

育毛シャンプーは頭皮をケアするもの

育毛シャンプーでは髪の毛は生えないといわれています。これは半分あたっていて半分間違っているといっていいと思います。
確かにシャンプーには髪の毛を生やす力はありません。AGAの症状を良くする成分も入っていませんし、たとえ入っていたとしても洗い流すのですから頭皮に浸透するということはありません。
しかし、シャンプーを替えただけでフサフサになっている人がいるのも事実。これは、シャンプーが直接髪の毛を生やすというわけではなく、シャンプーをいいものに変えることによって地肌がケアでき、頭皮本来の力が戻ってくるために起こるのです。
その意味ではシャンプーは育毛の基本ともいえるでしょう。今使っているシャンプーが刺激の強い、洗浄力の高いものであれば、育毛シャンプーに変えるだけで頭皮や髪の毛の状態の違いが感じられてくるはずです。

髪の毛にいい栄養とつむじはげ

髪の毛の成長にはもちろん栄養が必要になります。ここでは必要な栄養分を摂るという観点と、取り込んだ栄養を髪の毛に届けるという観点から解説していきます。

髪の毛に必要な栄養素

髪の毛を作っているのは、ケラチンというたんぱく質です。タンパク質が不足すると髪の毛自体の生成に影響が出てきます。さらにタンパク質をケラチンに生成するのには亜鉛が必要となります。よく髪の毛には亜鉛と言われるのがこのこと。タンパク質をたくさん撮っていても効率的にケラチンに変換されないのでは意味がありませんね。

亜鉛は日本人男性は常に不足しているとも十分足りているともいわれています。亜鉛は加工してしまうと栄養として意味がなくなってしまうという人も。つまり、通常に摂っているのならあながち不足してはいないのですが、加工食品を多く食べている人は亜鉛を摂っているようで不足してしまうという結果になるようです。亜鉛の推奨摂取量は1日12㎎。一方で標準的には8㎎~9㎎しか取れていないといわれています。残りの3㎎~4㎎はサプリメントなどで補給数のがいいでしょう。

良質なタンパク質を摂れる食材

髪の毛に必要な良質なタンパク質を摂れる食品は以下のようなものがあります。

  • 赤身の肉
  • レバー
  • 大豆
  • 大豆製品

栄養を髪の毛や毛根に届けるためには

いくらいい栄養を補給していたとしてもそれが毛根まで届かないのなら意味がありません。栄養を送るのはもちろん血液。頭皮直下の毛細血管が機能していないと栄養もその分不足するのです。

血流を良くするという観点

血流をよく吸うためには、血液の流れを早くするということが大事。その意味ではAGAの治療薬として使われているミノキシジルなどは血流を促進してくれます。栄養素としてはビタミンE。血流が良くなればその分必要な栄養素が届きやすくなります。

もう一つ大事なのが頭皮の状態が健康であること。肌が荒れていたり乾燥していたりすると、毛細血管にも影響が出てきてしまいます。頭皮の補修はそういった意味でも非常に大切なこととなるのです。

ビタミンEを多く含む食材

  • ナッツ類

つむじはげ対策はどうすればいいのか?

つむじはげの原因を紹介してきましたが、一番多いのは何と言ってもAGAによるものです。これは遺伝が関係しているものなので、放っておいて治るというものではありません。特に若いうちから症状がみられる場合には、進行が早くなっている可能性がありますので、すぐにでも手を打つことが大切になります。

AGAクリニックでの診療

AGAの原因であるジヒドロテストステロンに対してを治療する医薬品は、プロペシアとデュタステリドがありますが、これらは一般的には市販されていません。必ず医師の処方箋が必要になるものとなります。

AGAクリニックでは数々の診療方法がありますが、そのなかでもポピュラーなのがプロペシア服用です。薄毛の原因をブロックし進行を止める、遅くするなどの効果がみられます。また、AGAクリニックでは、遺伝子検査も行っていて、自分に薄毛の遺伝要素があるのかどうかをしっかりとチェックすることが可能です。ほとんどの有名治療院は無料カウンセリングを行っているのでそのシステムを利用してみるのもいいでしょう。

おすすめAGAクリニック:銀座総合美容クリニック

内科や皮膚科でAGA治療

最近では薄毛は病気であって治るものとされています。全国の内科や皮膚科でもAGA診察をしているところが多くなってきているので、そこを受信するのも一つの方法です。しかし、多くの内科はプロペシア処方だけとなっているので、その他の専門的なアドバイスや治療は受けられないというのが現状です。ただし、AGAクリニックは大都市にしかないので診療できる地域も限られるのですが、内科であればすぐに通院できるというメリットも期待できます。

海外個人輸入でのプロペシア購入

プロペシアは日本では市販が認められていませんが、海外孤児人輸入の制度を利用すると簡単に購入することが出来ます。海外個人輸入は薬事法で認められた正規の輸入方法です。海外ではプロペシアもジェネリックで販売されているので、日本で購入するよりも安価で利用することができるのもメリットです。ただし、個人輸入の場合はすべて自己責任で行う必要があるので最低限の知識を持って行うようにしましょう。

おすすめ海外個人輸入代理販売店

育毛剤でのAGA対策

育毛剤は、医薬品ではなく医薬部外品、化粧品扱いとなります。このメリットは、医薬品土地が様々な成分を配合することが出来るということ。自分に合った育毛剤を選ぶのが重要になります。また、医薬部外品は副作用の心配がほとんどないという面でも安心して使うことが出来ます。

育毛剤の効能

  • AGAの原因である5αリダクターゼをブロックする
  • 頭皮の環境をよくする
  • 頭皮の血行をよくする

育毛剤の効能にはこのようなものが代表されます。AGAであれば原因を阻害する成分が入っているかどうかをしっかりと確かめましょう。また、医薬品と違い、頭皮環境をよくする、肌荒れを治すなどの成分が含まれているもの育毛剤の特徴です。

ノコギリヤシサプリも

プロペシアと同じような作用をする成分としてノコギリヤシが有名です。プロぺシアほどの効き目がないにしても、医薬品でない分簡単に購入できるという点、プロペシアのように副作用の心配をしなくていい点などで利用価値が高まります。ノコギリヤシは、エキスとして入っているかという点、1日に300㎎程度服用できる成分量があるかという点が見極めのポイントとなります。

その他先に述べた通り、生活習慣や食習慣、シャンプーでできるだけ刺激を与えないことなど総合的なケアが求められます。
いずれにしてもAGAの場合には、そのまま放っておけば進行が速くなるだけで治ることがないものです。できるだけ若いうちの対策をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*