発毛に必要な期間とヘアサイクル

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、発毛を行うにはヘアサイクルとの関係を知らなければいけません。今ある髪の毛が強くなったところで、抜けてしまえば意味がありませんよね。特にAGAの場合には、発毛サイクルの期間がきちんとしてくることが重要なのです。

発毛には時間が必要

発毛剤を使用したとしても、すぐに症状が改善されるわけではありません。
市販の発毛剤は、頭皮の血行促進や頭皮環境の正常化を主体に考えたものがほとんどで、実際に使用してから頭皮が活性化するまでの時間が必要になります。

発毛剤を使用する期間

大体の発毛剤は、効果が分かってくるまでに3ヶ月から半年の時間が必要となります。
その間は使い続けていかないと効果がはっきりしないままになってしまいます。
1ヶ月くらいで実感が欲しいものではありますが、本当に自分にあっているのかどうかを判断するには、やはり半年で考えていくのが良いでしょう。

発毛サイクルとの関係

発毛の期間はまた、髪の「発毛サイクル」にも関係してきます。
髪の毛は、生えた後に成長期、退行期、休止期と発毛サイクルを繰り返します。
頭皮の環境が悪い場合には、髪の毛が生えたとしてもしっかりと成長する前に抜け落ちてしまう場合があるので、実際には生えているのに見た目が細く弱った髪の毛になってしまいます。
今ある髪の毛が抜けて、新しい髪の毛が生えてきてからしばらくしないと、髪の毛自体が強くなっているかどうかがわからないといった側面もあります。

生活習慣との連携

せっかく自分にあった育毛剤を使っているにも関わらず、普段の生活習慣が改善していなくて不摂生を繰り返していたりすると、あまり育毛剤の効果は望めません。
生活習慣の改善(油物を控える、睡眠を十分にとるなど)や、シャンプーの改善なども含めた形で育毛剤を試してみることをおすすめします。

途中でやめてしまう・・・

一番多いのは、途中で止めてしまうこと。
ニオイや使いやすさなども続ける上で重要になってきますので、できれば簡単に使用できてニオイのないものを選びたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*