禁煙で発毛効果はあるのか?髪の毛は復活するのか?

喫煙は、発毛にあまり良くないということが言われています。
タバコをすうことで、血流を悪くしたり、ビタミンCが欠乏したりするからです。
急に禁煙をしようとすると、返ってストレスがかかってよくないという側面はありますが、健康の上でも育毛の上でもタバコの弊害は必ずしも少なくありません。
発毛のことを考えるならば、禁煙にチャレンジすることをおすすめします。

タバコが薄毛の原因に 【ニコチン】

タバコに含まれるニコチンが、血流を阻害する恐れがあります。
血行が悪くなればその分頭皮や髪の毛に行く栄養素が減少してしまい、結果薄毛の原因になってしまいます。
また、同時に発生する一酸化炭素もよくありません。血液中のヘモグロビンと結びついて、身体が一時的に酸素欠乏の状態になるからです。
せっかく育毛剤を使って、血行をよくしようと努力をしていても、タバコで血流が悪くなってしまっては無意味になってしまいます。

タバコが薄毛の原因に 【ビタミンCの欠乏】

タバコはビタミンCを減少させるといわれています。
ビタミンCは、ストレスを減少させる作用のある副腎皮質ホルモンを分泌させる働きがあります。
さらに、人間は強いストレスを受けたときには、血液中のビタミンCが減少するということも言われています。
つまり、ビタミンが不足すれば、それだけストレスに対抗できなくなり、さらにビタミンが欠乏していく・・・といった悪循環になってしまいます。
「ストレスを受けるとタバコを吸いたくなる」ということを繰り返していると、身体にはあまりよくない結果になってしまいます。

タバコが薄毛の原因に 【男性ホルモンの影響】

アメリカハーバード大学での調査で、喫煙すると男性ホルモンが増加するという報告があります。
男性ホルモンの中には、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」も含まれます。
男性ホルモンの分泌が多くなった場合、直接の脱毛因子も増えてしまうということなのです。
AGAは、DHTの量だけに関係するわけではなく、DHTへの感受性が高いかといったことも関係してきますが、分泌量が多ければそれだけ薄毛の危険性も高まるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*