夏から秋は薄毛の季節!なんで?

夏から秋にかけては薄毛の季節です。それは紫外線が影響しているんです。夏は汗も大量にかくということもあって、頭皮にはダメージが残りやすくなっているもの。ここでは、紫外線が頭皮にどのような影響を与えるのか、またこの時期の薄毛対策はどういうふうにしたらいいのかを解説していきます。

夏から秋に気を付けなければいけないのは『紫外線』

紫外線はお肌を老化させるということはよく知られていますよね。もちろん頭皮も肌なので同じように紫外線による影響があります。でも髪の毛があると、意外に直接紫外線があたっているという感覚がないものです。

夏の強力な紫外線は、頭皮にダメージを与えます。肌のターンオーバーが悪くなったりするとそれは直接毛根から生える髪の毛にも影響してくるのです。そして最もその影響が分かりやすく出てくるのが「秋」なんですね。

夏の間に紫外線を受けて、肌はダメージを受けていますが、髪の毛には発毛サイクルというものがありますので、すぐに抜け落ちるということはありません。でも、それが秋になると徐々に影響が出始めてきます。特にもともと発毛サイクルに乱れが出ている場合などにはその影響は顕著。秋になると本来強く太く伸び切るはずの髪の毛が成長しきらずに抜け落ちてしまうということが起こります。そこで髪の毛をいくらケアしてもダメ。重要なのは夏の間の頭皮ケアなのです

髪の毛の成長は『毛根』の強さにある

髪の毛は成長するためには毛根から栄養を取り込まなければなりません。栄養は毛細血管から送られてくる血液から吸収しますので、頭皮の血行が良いということが髪の毛を丈夫に育てる最低条件なのです。しかし、夏に紫外線でダメージを受けた肌は、血行が悪くなってしまいますので、思うように栄養が取り切れません。すると、本来の成長期の途中で抜けてしまうので、発毛サイクルは乱れ、髪の毛の休止期が長くなってしまいます。つまり髪の毛が成長しきらずに抜け落ちてしまうのです。

ですから、発毛サイクルを正常に保つためには、なによりも頭皮のケアが大切になってくんですね。紫外線のダメージはすぐにはわかりずらいので一定時期まで放っておく人がほとんどです。しかしここが抜け毛を防ぐカギとなっているのですがあったのです。

頭皮は女性のお肌ケアと同じようにいたわりましょう

女性の多くは、夏の間紫外線をとても気にしていますよね。それは紫外線を受けた時よりも蓄積が怖いと知っているから。今は大丈夫でも何年もたった後で肌が老化したり、シミが出来たり。年齢よりも拭けてしまうからなのです。でも男性のほとんどは無頓着です。頭皮は紫外線を一番受けるところですよね。夏の間に紫外線にさらされている頭皮は、思っているよりも格段にダメージを負っているんです。

特に薄毛を気にしているのなら、この夏の頭皮ケアを十分に行うことが必須なのです。ここできちんとした頭皮ケアをしておくことで、何年かたった時に違いがはっきりとしてくるということを知っておいてください。頭皮ケアは女性の肌と同じようにいたわっていきましょう。

頭皮ケアの基本はシャンプーから

普段は見えていないのでわかりずらいかもしれませんが、頭皮は顔と同じ肌なので刺激には弱いところです。実は普段から使っているシャンプー、何気なく使っていると思いますが、肌への刺激がとっても強いことをご存知でしょうか。髪の毛の汚れを落とすために強力な洗浄成分が使われています。これが毎日ともなると頭皮にとても大きなダメージを負わせているのです。男性でも顔を洗う時には、肌に優しいものを使いますよね。決して手を洗う時と同じ石鹸では洗わないと思います。それは刺激が強すぎて肌が荒れてしまうからです。

ところが、シャンプーの刺激を気にしている人は意外と少ないのが実状です。普段使っている洗浄力の強いシャンプーでは、肌は負けてしまって荒れ放題になってしまうのです。さらに夏の紫外線で弱った肌ではどうでしょう。答えはお分かりかと思います。シャンプーはできるだけ刺激の弱いものを使って、肌にダメージを残さないことが求められるのです。

頭皮の皮脂は落としすぎなくていい

髪の毛が気になる人は、頭皮の脂がいけないものと思いがち。でもこれは、ある育毛剤メーカーが広告のために頭皮を悪者にしたことが始まりです。『皮脂をバッチリ落としてスッキリ感を出す。』それが育毛にいいというイメージを植え付けたキャンペーンだったのです。実際には、頭皮の皮脂は落としすぎてはいけません。皮脂は頭皮をダメージから守る働きもしているのです。特に朝シャンプーをして皮脂を落とした後に紫外線をうけてしまったらどうなるでしょう。直接紫外線の影響を受けてしまいますよね。皮脂は落としすぎず、汚れだけを落とす。これが正しいシャンプーの方法です。

弱酸性アミノ酸系のシャンプーを使いましょう

皮脂を落としすぎず、汚れだけ落とす丁度いいシャンプーはどういったものなのか。それが『弱酸性アミノ酸系シャンプー』です。ほとんどの育毛シャンプーがこの形態をとっています。肌には優しく頭皮環境を整えてくれます。育毛シャンプーは少し高額なのが気にかかりますが、アミノ酸系の洗浄成分は効果なので、通常のシャンプーでは使われていないのが現状です。髪の毛を丈夫に育てるためには頭皮をいたわること。そのためにアミノ酸系のシャンプーをおすすめします

おすすめの育毛シャンプー

CUシャンプー

 

肌のダメージを修復するための育毛剤という認識を

そして、ダメージを受けた肌を元に戻してくれるのが『育毛剤』です。育毛剤というと毛生え薬というような感覚がありますが、これも頭皮の環境が整っていなければ、どんなにいいものを使っても髪の毛は生えてきません。頭皮は髪の毛を作る土台のようなものだからです。医薬部外品の育毛剤は、髪の毛を生やすための成分の他にも、頭皮のダメージを修復するための成分が多く取り入れられています。※1

育毛剤で頭皮のダメージを修復し、頭皮環境を整えたうえで薬効成分を吸収して髪の毛に生かしていくというのが一番いい方法です。さらに頭皮にダメージを与えないために育毛シャンプーの併用をおすすめします。

※1.医薬品の発毛剤もありますが、医薬品は規約により薬用成分を複数取り入れることが出来ません。発毛、育毛とともに頭皮ケアを考えるのならば、医薬部外品か毛用品扱いの育毛剤の利用が有効です。

おすすめの育毛剤

チャップアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*