睡眠と育毛。髪の成長ホルモンで薄毛は治るのか?

睡眠と髪の毛の成長には一見何の関係もなさそうですが、実はとても深くかかわりがあるのです。ここでは睡眠と髪の毛、育毛との関係について紹介しています。

睡眠と育毛

髪の毛にとって睡眠はとても重要なファクターになります。一日の疲れを取るのは、体だけではなく頭皮も髪の毛も同じことです。日中に浴びた紫外線などのダメージを修復してくれるのもこの「睡眠」なのです。

睡眠は、長く取ればいいというものではありません

必要な睡眠時間は、個人個人で違っているのですが、一般的には、90分の倍数で睡眠をとると、快適な睡眠が得られるといわれています。
(例 3時間、4時間半、6時間など)
朝起きたときに、眠さを引きずっているようでは、あまり良い眠りをとったとはいえません。毎日のことなので気をつけていきたいですね。

睡眠不足は血行を妨げる

髪の毛の土壌である頭皮に欠かせないのが血行促進です。毛根は血液によって運ばれる栄養素を吸収して成長します。睡眠不足になると、血行が悪くなりますので、頭皮に上手に栄養が運ばれないということになります。
体は、生態維持に必要な部分から栄養を優先的に送るようになっていますので、直接生態維持に関係しない髪の毛は、栄養が後回しになってしまう傾向があります。

睡眠には時間帯も重要

同じ睡眠をとるにも、夜の10時から翌2時までの時間帯に眠ることがいいといわれています。この時間帯には、成長ホルモンが一番活発に分泌されるためです。毎日、規則正しく睡眠を取ることはもちろん、できるだけこの時間帯に眠れるように習慣づけていくのも、育毛には大切なこととなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*