発毛剤【医薬品】副作用と効果は?おすすめの発毛薬と購入方法

発毛剤にもいろいろあって、医薬品のものと医薬部外品、化粧品と分類がされています。これは医薬品だから効果がある、医薬部外品だから効かないといった単純なものではありません。ここではその違いについて紹介します。

発毛剤医薬品と医薬部外品

発毛剤にも医薬品のものとそうでないものがあります。厚生労働省の認可の関係で分類されているもので、薬事法においてその取り扱いが変わってきます。

薬事法では人体に使用するものを、医薬品、医薬部外品に分類しています。
簡単に分類すれば、医薬品は厚生労働省により、有効成分の効果が認められているもので、医薬部外品は認可されていないものということになりますが、医薬品だから効果があって、医薬部外品には効果がないということではありません。

医薬品の特徴と効能範囲

医薬品の効能範囲

円形脱毛症、脂漏性脱毛症、びまん性脱毛症など薄毛の改善や、発毛促進などに関する項目で、厚生労働省が認めたものが明記されている。

医薬品は、厚生労働省の指導の下で販売することが必要となります。
薬局、ドラッグストアなどでは、薬剤師が販売することが義務づけられており、インターネットなどの通販で販売することはできません。
また、医薬品は、効果も認められていますが、用法や要領などの使用方法を間違えた場合には副作用のる危険性もありますので、注意が必要です。
ちなみに、日本で医薬品として認められた市販の発毛剤は、大正製薬の「リアップ」シリーズのみです。

医薬部外品の特徴と効能範囲

医薬部外品の効能範囲

育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛

医薬品として認められるためには、膨大な臨床結果のデータが必要になります。
そのため、長い年月が必要になります。
発毛剤は、年々進化を遂げており、新しい成分も多く開発されていますので、より早く製品化して販売したいという場合には、あえて医薬品としての登録をせずに医薬部外品として販売することを選択するメーカーもたくさんあります。
インターネットで購入ができるということも大きな利点の一つになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*