薄毛の原因は男性ホルモン!改善対策を紹介します!

AGA「男性型脱毛症」は男性ホルモンが非常に大きくかかわっています。男性ホルモンの変化によって薄毛の原因がでてきます。ここでは男性ホルモンと薄毛の関係について紹介しています。

薄毛とホルモン

薄毛の大きな原因のひとつに、「男性ホルモン」の分泌ということがあります。
男性ホルモンは、男性らしさを作るホルモンで、体にとっては必要なものですが、通常のホルモンである、テストステロンというホルモンが、強力な脱毛を促す、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換されてしまうと、薄毛が進行する要因になってしまいます。

脱毛ホルモン

ジヒドロテストステロン(DHT)は、強力な妥当網を促すホルモンです。
体内にあるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってDHTに変換されます。
DHTは、毛根の周りの毛細血管から毛乳頭の細胞に取り込まれると、毛母細胞の働きを低下させてしまいます。
髪の毛は成長する前に抜け落ちてしまい、さらに発毛サイクルの休止期が長くなるので、生えにくくなってしまいます。

ホルモンと遺伝

薄毛になるかどうかは、原因であるDHTが多いかどうかが、また、DHTへの感受性が高いかどうかによって違ってきます。
その違いは、ほとんどが遺伝によって受け継がれているものだということがわかってきました。
たとえDHTが多くても、感受性がなければ薄毛にはならないということです。
したがって、自分の家系に薄毛の人がいる場合は、自分もその可能性があるということになります。
AGAによる薄毛の治療は早くはじめるほど効果があるといわれていますので、ご自分に可能性がある場合は、遺伝子検査などで確かめてみてはいかがでしょうか。

ホルモンを抑制する方法

薄毛の原因であるDHTですが、それを抑制することはできません。テストステロン自体も、男性ホルモンとして必要なものであるので、朝得ることはできません。
変わりに、テストステロンがDHTに変換するときに必要になる酵素「5αリダクターゼ」を抑制することで、DHTの変換を防ぎ、薄毛の原因をシャットアウトします。

ホルモンを抑制する治療薬

DHTに変換する際に必要な5αリダクターゼを抑えるために、「フィナステリド」という治療薬があります。
もともとは前立腺肥大の症状に使われる薬でしたが、投与された患者に発毛効果が見られたことから、発毛の薬として開発が進められ、今では、「発毛の特効薬」として、AGAの病院などで使われています。
日本も正式に認められ、万有製薬より「プロペシア」の名前で発売されていますが、原則医師の処方箋が必要です。
AGA専門のクリニックや、内科、皮膚科など処方してもらうことが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*