飲む発毛剤・育毛剤ランキング男性版 効果と副作用は?

従来、発毛剤と言えば、頭部に振り掛けるタイプのものが主流でしたが、近年では、発毛サプリや、プロペシアなどの飲む発毛剤が使用されるようになってきました。
頭部にかけるものは、有効成分が直接かけられると言う点でよいのですが、表皮は浸透しにくいという欠点があります。
また、飲む発毛剤は、100%成分を体に取り込むという意味ではいいのですが、血流に乗って全身に回るのですべてが頭皮に有効と言うわけではありません。
療法の長所を生かし、短所を補う意味でも、頭皮に直接かけるタイプと飲むタイプの両方使うのが主流になってきています。

発毛薬 飲み薬

発毛薬というのは、一般的に市販されてい物ではなく、医薬品として医師の処方が必要なものです。
フィナステリド製剤がその代表的なもので、商品名で言うと、プロペシア、フィンペシア、プロスカー、フィンカーといったものがあります。
また、ミノキシジルという成分もあり、通常は頭部に塗布するもので、日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップシリーズが市販されていますが、タブレットで飲み薬として販売されているものもあります。(ミノキシジルタブレットは日本では未認可)

発毛サプリメント

飲む発毛剤と同じような形状ですが、サプリメントとして販売されているものがあります。
医薬品ではないので、製剤ではなく、発毛に必要な栄養素を取り入れるという側面があります。
中でも注目なのは、ノコギリヤシのエキスです。
ノコギリヤシには、フィナステリドと同等の発毛効果があるとされ、天然の成分なので副作用の心配がないということで、さまざまなサプリに配合されるようになりました。
また、カプサイシンとイソフラボンを同時摂取すると発毛に効果的であるとの研究があり、それらを主成分とした発毛サプリメントも販売されています。

発毛剤プロペシア

プロペシアは、アメリカで正式に発毛の効果があるとして認められている発毛剤です。
主成分は、「フィナステリド」という製剤です。
AGAの病院でも、治療薬として使われています。
日本では、医師の処方が必要な医薬品です。最近では、AGAの治療ができるクリニックが増えてきており、内科や皮膚科で処方を受けることができます。
海外個人輸入サイトなどから購入することは可能ですが、個人の責任において使用するということになります。
また、プロペシアは、男性専用の発毛剤であり、女性は使用できませんので注意が必要です。

医薬品の発毛剤

発毛剤の中でも医薬品として正式に認可されたものがあります。
日本で認可されているのは、フィナステリドを主成分とする「プロペシア」が認可され、万有製薬より発売されていますが、市販されている薬ではなく、医師の処方が必要になります。
また、ミノキシジルを主成分とする「リアップ」が大正製薬より発売されています。ミノキシジルは、欧米では5%配合のものが主流でしたが、日本では近年まで認められておらず、リアップも1%配合でした。
最近になって、5%配合が認められるようになり、「リアップ×5」が発売され、日本のミノキシジル事情も欧米並みになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*