AGAチェック自己診断(セルフチェック)病院でなくてもわかる方法

AGAの可能性があるかどうかをチェックする簡易診断です。ご自分んが該当しているかどうかでAGAの可能性があるかどうかがわかります。

AGA診断(チェック)

Check1

両親、または祖父に薄毛の人がいる 解説
Check2 洗髪時や枕の抜け毛が気になる 解説
Check3 抜け毛に産毛のような細い毛が混じっている 解説
Check4 生え際が徐々に後退しているように感じる 解説
Check5 頭頂部の薄毛が気になる 解説
Check6 髪が柔らかく、ハリやコシがない 解説
Check7 同年代の人に比べて薄毛である 解説
Check8 仕事などでストレスが多くかかっている 解説
Check9 仕事などで徹夜が多い、寝不足が続いている 解説
Check10 食事に好き嫌いが多い 解説

AGA診断(解説)

Check1

AGAは、遺伝との関係性が強いとされています。
薄毛の原因となる、5αリダクターゼ酵素の生成や、ジヒドロテストステロン(DHT)への感受性などが遺伝で受け継がれていますので、家系に薄毛の方がいる場合は注意が必要です。
▲診断Check1へ戻る

Check2

AGAの症状の特徴として、「ヘアサイクルが短くなる」ということが上げられます。
そのため、抜け毛の感覚が短くなったり、一時に抜け毛が増えたりします。
▲診断Check2へ戻る

Check3

ヘアサイクルの成長期が短くなると、きちんと成長する前に毛が抜け落ちてしまいます。
すると、毛髪のミニチュア化が発生します。
抜け落ちた毛に産毛が混じっているときは、成長期の前に脱毛している可能性があります。
▲診断Check3へ戻る

Check4

AGAには、いくつかのパターン化した薄毛の進行状況があます。
その代表的なものに生え際が後退していく症状があり、M字型に薄毛になっていきます。
▲診断Check4へ戻る

Check5

頭頂部の薄毛は、生え際と併せてAGAの特徴的な症状です。
もし、生え際、頭頂部以外のところが急激に薄毛になった場合は、AGA以外の脱毛症の可能性がありますので、その際は、皮膚科の医師の診察を受けるようにしてください。
▲診断Check5へ戻る

Check6

AGAはヘアサイクルが短くなってしまうため、正常に毛髪が発育しないことがあります。
すると、髪の毛は太く、強くならないうちに抜け落ちてしまい、全体的にハリやコシがなくなってしまいます。
▲診断Check6へ戻る

Check7

AGAは、思春期以降から発生する症状なので、若い人でも同年代の人に比べ髪の毛が薄い場合は、AGAの可能性があります。
▲診断Check7へ戻る

Check8

ストレスは、薄毛を進行させる原因になるといわれています。
ストレス性の脱毛には円形脱毛症などもありますが、ストレスによってAGAの進行が早まっていることもあります。
また、ストレスにより、お酒やタバコが増えたり、暴飲暴食、睡眠不足など、体に影響がある生活習慣になることも多いので、一度しっかりと生活を見つめなおすことも必要です。
▲診断Check8へ戻る

Check9

頭皮の皮脂分泌や髪の毛の成長は、睡眠中に一番活発になります。
毛髪の育成にとって欠かせない睡眠ですので、十分に摂ることを心がけてください。
▲診断Check9へ戻る

Check10

バランスの良い食事をとることは、体の健康にとっても重要なことです。
毛髪の成長も栄養バランスがとても大事。バランスのよい食事を心がけましょう。
特に脂分が好きな人は要注意。皮脂過多になると頭皮環境にもよくありません。
▲診断Check10へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*