薄毛の原因は遺伝か食生活かストレスなのか?その対策とは?

薄毛・はげには様々な原因があります。その原因を知って自分に合った対処法をすることがとても大切です。ここでは薄毛の主な原因を紹介します。

薄毛の原因【遺伝】

薄毛の原因は遺伝であると言われています。
といっても、薄毛になる遺伝子というわけではなく、薄毛を引き起こす男性ホルモンへの感受性が高いかどうかであるということです。
感受性の遺伝は、母方からくるので、一般的に母方の祖父が薄毛である場合、自分も薄毛になる可能性が高いと言われています。
以前は、遺伝であるのであきらめるしかないと思われていたのですが、最近では、そのメカニズムが徐々に解明され、治療によって進行を遅らせたり、発毛を促すことができるようになってきています。

薄毛の原因【食生活】

食生活も、薄毛、脱毛に大きく起因しています。
特に現代の日本人の食生活では、野菜不足であったり、カロリーオーバー、ジャンクフードを日常的に取るなど、乱れが指摘されています。
野菜に含まれるビタミンは、毛髪にとても重要な栄養素です。
また、同じく重要な亜鉛は、食品を加工する段階で壊れやすいため、インスタント食品やファストフードなどの食事に偏っていると不足する可能性があります。
バランスの良い食事を取ることで、健康にも発毛にも良い環境が整ってきます。

薄毛の原因【睡眠】

髪の毛は、睡眠時に成長します。寝ているときは、成長ホルモンが分泌され、日中の髪の毛のダメージを修復します。
睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌を抑えてしまうだけでなく、人間の体は、一番必要なところにホルモンを働かせるようにするので、生命維持には不必要な髪の毛は後に回されてしまいます。
また、成長ホルモンが一番活発に分泌されるのは夜の10時から2時であるといわれおり、その時間に休んでいたほうがより効果が高くなります。
できるだけ規則正しい生活リズムで、十分な睡眠をとるようにしましょう。

薄毛の原因【ストレス】

ストレスも抜け毛を促進させる原因になります。
薄毛に悩む世代の方は、ちょうど仕事上でもストレスを抱えている時期であることが多くあります。
ストレス性の脱毛では、「円形脱毛症」などもこのひとつです。
なかなかストレスのない生活を送ることは困難ではありますが、できるだけ予防策を講じ、ストレスを溜めない、或いは、ストレスを発散する方法を身につけたいものです。
軽い運動は、育毛には効果的です。ストレス発散をかねて、自分にできる簡単な運動を習慣にしていくのも良い方法です。

薄毛の原因【頭皮ケア】

頭皮に皮脂がたまりすぎると、「脂漏性脱毛症」という症状になることがあります。
これは、皮脂が毛穴をふさぎ、血行が阻害されて頭皮が硬くなってしまい、髪の毛が抜け落ちてしまうという症状です。
これを聞くと、できるだけ頭皮をキレイにしようと思いがちですが、本来ある程度の皮脂は必要なので、皮脂の落としすぎはいけません。
できれば、育毛シャンプーのような、肌や髪の毛に優しい成分のものを使って洗髪することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*