体毛が濃いとハゲるのか?薄毛との関係性

一般的に、ひげが濃い人は髪の毛が薄いとか、体毛が濃い人は男性ホルモンの関係ではげやすいといわれています。実際にどのような関係があるのか紹介していきます。

体毛と薄毛

よく、「体毛が濃いから将来薄毛になりやすい」といったことがいわれています。
実際に、毛深さと、薄毛には関連性があるのでしょうか。

胸毛がある人、ひげが濃い人は薄毛になっているということを良く見ることがありますが、実際には、体毛と、薄毛の関連は、あまりないというのが一般的な見解になっています。
よく言われているものでは、プロ野球の「王さん、長嶋さん」が例に出され、長嶋さんは昔からひげが濃かったのに、髪の毛が豊富に残っている、一方王さんは、体毛が濃いイメージはなかったけれど、実際には薄毛になっているというものです。

体毛と髪の毛ではホルモンが違う

体毛の濃い薄いには、は男性ホルモンが関係しています。
男性ホルモンが多い人ほど、より男らしくなってくるので、体毛が濃くなります。

ところが、髪の毛は女性ホルモンが関係していて、体毛との関連性はあまりないのです。
また、男性ホルモンが多ければ、女性ホルモンが少ないということもあてはまりません。

体毛が濃い場合のメリット

毛深い=薄毛のイメージがあるので、体毛が濃くていいことはあまりないように感じられますが、「体毛が濃い人は、フィナステリドがよく効く」という研究があります。
同じ薄毛の進行状況の場合には、体毛が濃い人のほうが、発毛の効果が見られるというもので、ここの部分ではどうやら体毛が濃い人のほうにメリットがありそうです。

フィナステリドは、「薄毛の特効薬」といわれており、現在の薄毛治療の中では最前線の治療薬なのですが、どんな人でも効果があるとは限りません。
そのなかでは、体毛の濃い人のほうが可能性があるということなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*