ノコギリヤシサプリの効果と副作用。育毛・発毛にいいのか?

ノコギリヤシは、AGAの原因である5αリダクターゼを阻害するということで一躍評価が高まりました。最近では育毛剤の中にサプリメントをとりいれるメーカーも多いのですが、その中でも医薬部外品として配合することができるノコギリヤシのサプリが大変人気が出ています。ここではノコギリヤシのサプリ、さらにはその効果と副作用について紹介します。

ノコギリヤシの成分がなんで発毛にいいのか?

ノコギリヤシは、育毛剤などにも取り入れられている成分で、発毛用のサプリメントなどでも利用されています。
主に、男性ホルモンに関連する脱毛因子を抑制する働きがあり、脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を抑える効果が期待されています。
最近では、日本でも育毛剤やシャンプーなどに配合されることが増えてあきました。今後特に注目をしたい成分の一つです。
ただし、もともと男性機能の向上などに使われていたものであり、その用途に合わせたサプリメントが多いのが現状です。
「ノコギリヤシサプリ」として発売されているものは少なく、どちらかというと、育毛用のサプリメントの配合成分のひとつとして使われています。

ノコギリヤシは5αリダクターゼを抑える

AGA「男性型脱毛症」は、ホルモンの影響で起こるということが分かっています。男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化すると、強力に脱毛作用を引き起こします。その際に関連してくるのが5αリダクターゼ。これを抑制することが出来ればDHTに変化するのを抑えることが出来ます。
有名なAGA医薬品である「プロペシア」には5αリダクターゼを抑制する効果があるのですが、こちらは医薬品。サプリメントに混ぜるということはd系ませんし、一般ではなかなか購入することが出来ません。
ノコギリヤシにはプロペシアほどではないものの、5αリダクターゼを抑える働きが確認されています。ですから、ノコギリヤシでAGAを抑制しようというわけなのです。

最近の多くのサプリメントにはこの「ノコギリヤシ成分」が配合されるようになってきました。でも、多くのサプリメントはノコギリヤシ成分は入っているものの、配合量が少なかったり、打錠(粉末にして固めたもの)が多く、本当にノコギリヤシの効果が出るかどうかが疑問です。

ノコギリヤシサプリなら「ボストンサプリ」

ノコギリヤシを配合しているサプリは数あるのですが、その中でも高配合なのが「ボストンサプリ」です。ノコギリヤシの発毛効果の実験では1日320㎎の服用をしたうえでのデータが基本となっています。ノコギリヤシが入っていたとしても、少ない配合量ではあまり効果が期待できませんよね。

ボストンサプリには1日の服用で摂れるノコギリヤシ成分が300㎎配合されているという点と、粉末を固めた「打錠」ではなく、エキスをそのままソフトカプセルにした形なので、有効成分をそのまま取り込むことが出来ると考えられます。

BOSTONサプリ

ノコギリヤシで発毛効果が得られた論文の根拠は以下になります。原文は英語です。育毛剤や育毛サプリについては、このように研究によるエビデンスがはっきりしていることが重要であると考えます。

セレノア・レペンスで治療した患者の38%が毛髪の成長が増加していたが、フィナステリドで治療した患者は68%の改善が認められた。

出展:米国立生物工学情報センター(原文英語)

この研究ではプロペシア(フィナステリド製剤)に68%の発毛効果が認められ、一方でノコギリヤシには38%の毛髪増量が認められたとなっています。もちろんプロペシアを服用できるのであればそれでいいのですが、医師の処方箋が必要であり、内科や皮膚科の医院に通院する必要があるため、サプリのように手軽に手に取れるものに人気が集まっています。
また、プロペシアは医薬品ですので、それ相応の副作用の心配があります。

ノコギリヤシの副作用は?プロペシアとの違い

プロペシアは医薬品ですので、副作用も指摘されています。大きなものではないのですが、消化器系の副作用、さらにはED(性機能不全)が指摘されています。また、女性には禁忌で飲むことはできないばかりか、触ることもNGとされる薬です。
一方ノコギリヤシは、その名のとおりヤシの木の一種で天然の植物です。
過剰なホルモンの抑制だけを行いますので、その点では他の育毛薬「ミノキシジル」や「フィナステリド」と比べて副作用のリスクが少ないといわれています。
医薬品ではないので、育毛製品に配合することができ、ヨーロッパ諸国やアメリカなどではすでに発毛サプリメントとして人気が高くなっています。

ノコギリヤシと男性ホルモン

抜け毛薄毛の原因のひとつに「男性ホルモン」の影響があります。原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる脱毛ホルモン。一般的な男性ホルモンであるテストステロン(TS)が、毛包の細胞質にある5αリダクターゼという酵素によりDHTに変換されて生成します。ノコギリヤシは、DHTに変換する際に必要な、5αリダクターゼ酵素を抑制する成分を含んでいます。
ノコギリヤシの果実から抽出される成分が5αリダクターゼを抑制し、過剰なジヒドロテストロンの生成だけを抑制するので、副作用等のリスクが少いといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*