ミノキシジルタブレットのおすすめ通販【効果と副作用】

ミノキシジルタブレットは、「ミノタブ」という名前で有名です。ミノキシジルには血管を拡張させる作用があり、その意味で頭皮の血行を良くするということで発毛を促進する医薬品です。

日本では外用のみが認可されていますが、海外個人輸入を介して購入することもできます。ミノキシジルタブレットは、1㎎と5㎎があって、最初は少ない含有量のものから試すことをおすすめします。

ミノキシジルタブレットの通販での海外個人輸入

ミノキシジルタブレットは、日本では未認可の医薬品ですが、欧米ではAGAの治療薬として非常に有名なものです。海外個人輸入と言っても輸入業者を通じて通販と同じような形で購入することが出来ます。

海外個人輸入は薬事法特例で認められている正式な購入方法ですが、購入するときの責任は完全に自己責任で行わなければなりません。少なくとも薬剤に関する最低限の知識を持ち合わせていることが条件となります。ミノキシジルタブレットは医薬品であり、効果がある反面副作用の危険性もありますので、しっかりと知識をとりいれて利用するようにしましょう。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは、もともと高血圧のときに処方されていた血圧の薬で、使用した人の多くに、髪の毛が増えるという症状が見られたことから発毛薬として研究が進みました。
血管を拡張させる効果があり、頭皮の血行を促進させます。
薬理作用が異なるためフィナステリドとの併用が可能です。

ミノキシジルの使用方法

通常ミノキシジルは外用薬として利用されています。ここではミノキシジルの通常の使い方について紹介します。

頭皮に塗布する方法

一般的に使われるのがこの方法です。
リアップ、ロゲイン、カークランドなどの医薬品があります。
頭皮に直接塗布するので、手軽であり、高濃度のものでなければ安全性も高くなります。

育毛メソセラピー

クリニック等で、直接頭皮に注射する方法です。
発毛効果が出やすく、高濃度のミノキシジルを使用しても経口薬と違い全身に行き渡らないので副作用の危険性が少なくなります。

内服薬として経口する方法

ミノキシジルタブレットなどがこの方法です。
口コミなどでは一番効果的と言われていますが、副作用の危険性が指摘されており、日本では認可されていません。

ミノキシジルとフィナステリドとの併用

ミノキシジルはフィナステリドとの併用が効果的であるといわれています。
フィナステリドは、男性ホルモンを抑制し脱毛を抑止し、ミノキシジルが発毛因子を刺激し発毛を促すという相乗効果があります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用としては、頭皮のかゆみやかぶれがあるということ、また、手足のむくみやなどが報告されています。
もともと高血圧時に処方されていた薬がベースになので、低血圧の人はもとより、高血圧で治療を受けている人も注意が必要です。
また、ミノキシジルの初期脱毛の症状が出る場合があります。
使用してから1ヶ月くらいたつと、抜け毛が増えてくるのですが、だいていは10日間くらいで治まってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*