プロペシアの効果と副作用。ジェネリックを通販で購入するには?

AGAの治療薬として世界中で使用されている「フィナステリド」。医薬品名としては「プロペシア」で有名です。

フィナステリドとは

フィナステリドは、男性ホルモンによる脱毛作用を抑止する作用があり、「飲む育毛剤」として使用されるようになりました。
AGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を生成する酵素「5αリダクターゼ」の働きを防ぐ効果があります。
近年では、AGAの治療薬として、専門の病院などで薄毛・抜け毛の進行抑制のために使われています。

フィナステリドを配合した商品には、プロペシア、フィンペシア、フィンカー、プロスカーなどがあります。
日本では、プロペシアが認可されていますが、市販はされておらず、病院での処方を受けて使用することができます。
また、海外個人輸入サイトなどから購入することも可能ですが、使用は個人の責任においてということになります。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用は少ないのですが、胃部の不快感、性欲減退など5%ほどの副作用が認められています。
また、フィナステリドには「初期脱毛」の可能性があります。
フナステリドを服用してすぐ起こるもので、生えている髪の毛が抜けてしまうことがあります。
その後すぐに新しい髪の毛が生えてくるのですが、これは、毛髪の発毛サイクルを正常に戻すために必要なことです。
初期脱毛の期間には個人差がありますが、たいていの場合、1ヶ月程度でおさまり、その後は普通に抜け毛が減っていきます。

フィナステリドは女性は使えない

フィナステリドは、女性は絶対に使ってはいけません。
通常の場合はもとより、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人、授乳中の婦人については禁忌とされています。
これは、胎児の前立腺に異常を与える恐れがあるためといわれていて、服用だけでなく触ってもいけないとされているので、間違っても女性の方は服用しない、また、男性でご自分が使っている薬をパートナーの女性に触らせることのないように注意してください。

フィナステリドの服用方法

フィナステリドを敗亡している有名な発毛薬であるは「プロペシア」は、1日1錠服用が原則です。
それ以上服用しても効果が増大することはありません。
分量で言うと、約0.2mgとなります。
また、医師の指示がある場合は、必要に応じて適宜増減ができますが、1日1mgが上限となっていますので、それ以上の服用は避けるようにしてください。
服用時間は特に制限はありません。

フィナステリドの価格

プロペシアを日本で購入する場合は、基本的に医師の処方箋が必要です。
また医師の処方する他の医療用医薬品とは異なり、薬価基準未収載品であるため、健康保険は適用されません。
通常は、薬代とともに診察料、調剤料などがかかります。
金額は医療機関によって異なりますが、1回あたり8,000程度から13,000円程度となります。
病院での診察の場合は、おおよそ1ヶ月に1度の診察が必要で、それにあわせた日分の錠剤が処方されます。
ちなみに、販売元の万有製薬では、参考薬剤価格として1錠250円という目安を出しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*