発毛有効成分一覧(カ行)

発毛・育毛に有効であるといわれる成分、育毛剤に配合されている成分をまとめています。

海藻エキス

保湿・脂肪分解の作用。
ヨウ素、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、アルギン酸エステルといった成分が豊富に含まれているため、育毛剤にも多く使われている。

カシュウ

中国原産のタデ科のつる性多年草。ツルドクダミの根を乾燥させたものからとるエキス。
強壮剤として用いられてきた生薬で、洗髪だけでは取れない毛根部の皮脂を取り除く。また、余分な脂を作らないように脂質の合成を抑制する。育毛剤の浸透を高めるためにも有効である。

加水分解酵母エキス

保湿、アンチエイジング等に役立つ。アミノ酸や核酸、ビタミンB2、ビタミンB6、脂質を含み、細胞代謝活性作用がある。

キトサン

抗菌作用、細胞活性化、血圧調整、免疫力アップなどの効果。

キトフィルマー

毛髪の水分を保持する。主に枝毛・切れ毛の防止や、キューティクルの保護に効果。

キナエキス

保湿効果、男性ホルモン抑制効果がある。

苦参(クジン)エキス

血行を促進し発毛を促す。抗菌性があり、雑菌の繁殖を抑制、フケ・カユミを防ぐ。
育毛剤としては殺菌作用や毛細血管の拡張作用があることが知られている。

グリチルリチン酸ジカリウム

頭皮の炎症を防止、フケ・カユミを抑える。

グルタミン酸

保湿作用や、生体内代謝作用など。アミノ酸の一種で人体内にも豊富に存在している。

コカミドDEA

洗浄剤、洗浄補助剤。泡立ちや洗浄力にすぐれ他の界面活性剤と一緒に配合されることが多い。

ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸系で、ヤシ油由来の洗浄剤。泡立ちと洗浄力に優れている界面活性剤。

ココイルグルタミン酸Na

洗浄剤。合成界面活性剤であるが、他の石油系合成界面活性剤、植物系合成界面活性剤と比べると安全な成分とされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*